インドネシア

インドネシア在住歴1年:休日の過ごし方

みなさんどうも、もんどるです。

今回は、PENシロウ(もちろん仮名)さんのインドネシア現地採用についての記事です。

インドネシアに住み始めて1年目のPENシロウさんですが、休日はどんなことしているのかについてお伝えしていきます。

もんどる
もんどる
休日何してんの?

 

***************************

こんにちは、PENシロウと申します。

インドネシアへは、第2新卒の現地採用として就職しました。

職種は現地IT会社の技術営業職です。

 

今回は現地採用の休日としてお送りします。

・どんなところで遊べるのか?

・日本人同士で遊ぶのか?

・現地のインドネシア人と交流できるのか?

と疑問に思っている人になんとか伝わるように書いています。

ポイントは他の東南アジア諸国と違って”観光地”ではないジャカルタの遊び方をお伝えできればと。

25歳男性・独身のエネルギー溢れる青年が、コンクリートジャングルシティ・ジャカルタどのように過ごしているかお伝えします。

 

目立つ観光資源はないが都市部の遊びは大体できる

ジャカルタは歴史のある街のようですが、異国情緒醸し出されるような観光資源はあまり多くないです。

1000万人を超える都市で高層ビルが立ち並び、経済発展著しいです。

 

そのため、遊び方の特徴としては、もっぱら夜型の遊び方です。

飲んだり・飯食ったり・盛り場へ繰り出したり。。。

(個人にも寄ると思いますがw)

 

日本のような”週末ちょっと郊外へ出て日中から遊びたおす”ってのは、渋滞の影響もありあまり気乗りしませんね。

ジャカルタは世界最凶の渋滞都市です。これのせいでいっつも時間無駄にしますw

日本で1日に3-4つの予定こなすことが、ジャカルタでは1つだけしかできないtことがよくあります。

大晦日に車だけでなく歩行者もごった返し、進めない

 

それで、ジャカルタの週末ともなるともっぱら繁華街へ繰り出します。

・リトルトーキョーとして君臨するブロックM(blok m)地区

・安く飲める欧米人も多いクマン(kemang)地区

・新しいレストランが乱立するスノパティ(senopati)地区

・スノッブで高級だけど飯がまずいクニンガン(kuningan)地区

・安くて美味い、そしてちょっと危ない中華街コタ(kota)地区

ざっと挙げるだけでもこれくらいの遊ぶ場所はあります。(ほとんど飲食店街ですが汗)

 

ジャカルタは個人の消費が増えてきて、自国の外食だけでなく、他の外国のレストランがめちゃくちゃ増えてきています。

インドネシア料理ってあまりバリエーションがないので、外国の珍しい料理を流行らせやすいのかなってのが個人的な感想です。

食文化の豊かな日本に生まれてよかった!これだけはぼくが誇れるところですね。

 

あと「郊外へは遊びに行かない」と書きましたが、”バリ島”だけは別格です。

ジャカルタから飛行機で2時間くらいの距離に、神々が宿る島”バリ島”があります。

ぼくの知り合いでサーフィンが好きな人・バリ島が大好きな人は毎週のように行っています。

僕自身も回数は多くないですが、バリ島行ったことあります。

渋滞でスモッグが発生するようなジャカルタとは、全くの別世界が広がっています。

バリのビーチでchill
もんどる
もんどる
バリはいいよな!!

 

 

基本的には日本人同士で遊んでいる

遊ぶときは、大体日本人の友達とつるんでいますね。

ジャカルタ来たときは、だれも知り合いがいませんでした。

けれど、会社の先輩や、お客さん先に紹介された同年代の知り合いも増えて来ます。

年代別の飲み会なんかも現地日経新聞やフリーペーパーに載っているので、飲み会に顔だしていると知り合いが増えます。

1つポイントを挙げるとすると、

就職する会社の業界やタイプによってコミュニティが違ってきます。

初めてインドネシアへ渡航する人は予めチェックしておいたほうがいいポイントだと思います。

ジャカルタに住んでると言っても、日本人同士の生活コミュニティに属している人がほとんどです。

海外に出てきているのに、わざわざ日本人同士でつるむの?と思われるかもしれません。

これ、そうせざるを得ない理由も少なからずあるわけです。

 

インドネシアへ進出している日系企業のほとんどは製造業です。

製造業って、業界の構造からすると、大手メーカーを頂点とした下請け下請け、さらに下請けのピラミッド構造になっているんです。

そうすると、その構造のどこかに就職し所属した場合、自ずと仕事やプライベートが日本人コミュニティに関わることが多くなります。

業界の体質上、結果的に日本人コミュニティへ所属することになってしまいます。

 

日系コミュニティか?現地コミュニティーか?業界ごとの傾向はこんな感じです。

・日系コミュニティが強い:製造・建設・物流

・現地コミュニティが強い:IT・旅行・人材

・両方とも満遍なく:金融・不動産

ぼくがいるIT業界に関して言えば、サーバーいじったりするような会社は日系のコミュニティに強く、Webコンテンツ系は現地コミュニティに強いように感じます。

サーバーいじる系は日系企業のデータ管理を行い、Webコンテンツ系は現地マーケットの調査が必要だからです。

 

日系コミュニティに属するのが”別に気にしないよ”ってい人もいれば、”せっかくなんだから現地コミュニティの輪を広げたい”と考えている人もいます。

もちろんインドネシア生活に慣れてくれば、他のコミュニティへの参加も増やしていくことができると思います。

ただ、インドネシアへ初めてきた慣れてない時期の頃は、仕事の業界に依存する部分が多いので予めチェックしておいたほうがいいですね。

もんどる
もんどる
ジャカルタは意外と世間が狭いよう

 

仲良くなるインドネシア人はそんなにいないけど。。

僕の現状では、インドネシア人の特筆すべき友達はいません。

 

でも、友人と一緒にクラブや飲み会を開催してナントカ”インドネシアの女の子”の友達を増やそうとしていますw

そうです。下心丸出しw

ジャカルタ市内は夜型の遊びが多いので、日本にあるようなクラブも結構あります。カフェやバーもたくさん。

インドネシア語の上達などと大義名分を振りかざし、可愛い子と遊びたい!!そのために平日頑張っているようなもんです。

 

ちなみにキャバクラみたいなもの(日系カラオケ:いわゆるKTV)もありますが、高いしお金払って女の子と遊ぶのがつまんないので言ってません。

それよりも、インドネシアや洋楽で流行っている曲を覚えて、普通のKTVじゃないカラオケで女の子と遊んべるように、インドネシア語勉強したいと考えていますw

***************************

 

まとめ

インドネシア1年目が休日どんなふうに過ごしているかという記事でした。

いろいろ目新しくて楽しんでいますね。

 

もんどるさんのお言葉

もんどる
もんどる
発展途上国だけどちゃんと遊び場があるのね!安心w

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です